突然といえなくはない。ナナがツイッターで言い放った。

「わたし、バンドやめますね」

それを冷静にみてた僕。

 

 

やめる。と思った時が、やめるとき。

 

バンドをやってると、かならず「解散」はやってくると思う。
僕も数々のバンドを作り、解散し、脱退した。
ローリングストーンズなら別だけど(笑)

僕らはアマチュアミュージシャン。やるも、やらないも自由。
他に好きなことを見つけたらそれをやればいいし。

僕には了解するしか方法はない。

 

ただ、僕の全キャリアの中でも最大の手ごたえと、ギタリスト、プロデューサーとして一番やりたいことができているこのバンド。

心が引き裂かれる。

 

新しいベースを入れて、再稼動する?

もちろんそれも思った。
できればそうしたかった。

でも

マーヤとセーラーゾンビはカンペキだった。
ビジュアルとサウンドと曲と歌と。
パーツを入れ替えて、どうこうなるバンドではなかった。

マーヤとセーラーゾンビへの皆さんの愛情と評価は、この4人でこそのものだった。

image

 

マーヤとセーラーゾンビ 解散

 

さすがに解散が決まった後のスタジオは無言。険悪。
でも、この痛みを覚えておくことも、必要だ。

2015-08-19 22.22.52

 

大事なものも、やがてなくなる。
人と人は、ほんの一瞬交わる、線。

 

ライブはあと2回。
やるべき事をしっかりやって、ロックンロールを打ち鳴らそう。

続く