10年ちかいお付き合いになるのかもしれない、東京在住のミュージシャン&プロデューサーピート七福氏と、狂乱のドラマー、爆音頭のディック・ヨネ氏がやってくる。

なんとかライブをブッキングしようとしたけど、急なことでどこも埋まってて。
でもなんとかマーヤとセーラーゾンビと競演させたい。
青猫の本棚という僕の別ユニットを気に入ってくれてたので、青猫ちゃんたちも呼びたい。

苦肉の策で、大きな練習スタジオをかりて、自分たちだけのスタジオライブをやろう!ということになった。

7時から9時までの2時間。

ところが当日。
僕は車の鍵をトランクに落とし。JAFを呼ぶ羽目に。
時間は押して一時間遅れ。一時間延長して、なんとか。
肝心なときにこんなだよ。

 

東京の二人組みはニューシェルビーズ。
曲だけもらって、急遽ベースで参加。ベースって大変だ。指がやぶけそう。

青猫の本棚もあいかわらずツンデレな演奏。やっぱいーねーという言葉をもらった。

今日はビデオを青猫カオリが撮ってくれた。

ライブとは違い手持ちカメラでグングン動いて撮ってくれた。
すばらしい出来だったのでこれをプロモーションビデオとして使用。

 

マーヤは体調がわるく、ブスッとしてたから心配だったけどいい演奏できた。
(まあ、大体のところゾンビたちはいつもブスッとしてるんだけどね。だからいつも心配してる。おじいさんだな。)
セーラーゾンビは評判良かった。

とくに物欲ではめちゃくちゃにはじけていた。

SDIM1081

東京にライブしにおいでよ~なんていわれて。嬉しかった。

SDIM1069

僕は気持ちがヘトヘトで、打ち上げには参加しなかったんだけど、カナゾンビははじめて会うのについていった。さすが!おっちゃん受けのいい旅人。きっとなんかおごってもらったんだろう(笑)

続く